インターネット副業

1日1時間で月10万円以上!ガイドブック無料プレゼント!!

1日24時間のうち、1時間確保できれば在宅ワークで10万円以上を余裕で稼ぎだせる方法があります。 「もう迷わない!失敗しない!」確実に稼ぐためのネットビジネス資料を【今だけ】無料でプレゼント!
インターネットの環境と、収入が振り込まれる銀行口座さえあれば誰でもすぐに10万円以上の副収入を得ることが可能となるのです。

インターネット副業


月収300万円のビジネスモデル

月間300万円!本気で稼ぎたいと思っている方だけご覧下さい。

たった1年で3000万円を稼ぎだすビジネスモデル。まずは、「稼ぐ体験」からスタートして頂きます。
知識・経験は一切必要ありません。
「稼ぎたい」という気持ちがあれば全く問題ありません。

月収300万円のビジネスモデル



在宅ワークを始める時に考えること

家から出ることができない人、人と会うことが苦手な人、ちょっとした空き時間を有効活用したい人が、お金を稼ごうと思うと、大抵在宅ワークに行きつくと思います。
まず在宅ワークをしようとネットを見回していると、これは詐欺ではないのか?と疑問に思えるものが出てきます。初期費用がかかるようなところは、除外したほうがいいでしょう。費用がかかった後、仕事が無い、お金が払い込まれないでは泣くに泣けません。最初はランサーズやクラウドワークス、SOHOのような、信用できるところから始めることをお勧めしたいです。
しかし在宅ワークでアンケート、データ調査やライティングなどで稼げるのは、特殊なスキルをもっていなければ最初は月に1万円程度を稼ぐことすら難しいでしょう。これをメインの仕事にするなら別ですが、中々お金は稼げないようにできているものなのです。ですから、社会勉強のために使うのは一つの手ではあるでしょう。よく「簡単にお金が稼げる」なんて言葉を目にしますが、とてもじゃないがお金を稼ぐことが簡単なんていえないことがわかるでしょう。あくまで小遣い程度のお金ができるものだと、考えるのが妥当なところです。
どうしてもお金が稼ぎたいなら、一日にどれだけの金額を稼ぎたいか、目標をきっちり定めてから始めましょう。まずは1日500円ぐらいからでいいと思いますが、いい案件をやりたいのは自分だけではありません。案件を探し枠を取ってとなると面倒になってくると思いますが、それを続けていかなければなりません。
これから先、対面での仕事が出来ない人や、家から出ることが難しい人のためには、こういった仕事を増やしていくことは、労働者を増やしていくためには必要なことだと思います。また、ニートを減らしていくためにも在宅ワークは一役買ってくれるでしょう。そのためにも労働に対する対価は、基本的に上げる方向に向かうべきなのです。安かろう悪かろうで、そこまでのものを求めていないクライアントの方もいるでしょうが、それでは在宅ワークの未来は明るいものにはならないでしょう。これからの時代個々の働き方は多様化していくでしょう。どうしても外出できない人もいるのでそういった方が安心して自宅でも働いて十分生活できるようになればいいですね。

環境を上手く整えれば昔より主婦の副業の選択肢は多いかも

主婦の副業というものにはやはりいくつか課題が出てきます。子供が小さいとまず家を空けることが難しいです。高齢の両親がいる場合も同じです。一見自由に見えますが心の中は結構忙しく時間的肉体的に自由が利かないのです。それなら家で出来る仕事は?となるとパソコン環境が整っている必要が出てきます。私も長年、このパソコン環境というものが上手く整備出来ずにきました。とても難しそうに感じたこともありますが、パソコンを広げる場所なんて無いとも思ってました。
うちはとても狭いので食卓も小さなものです。その狭い食卓もいろんなものがいつも乗っています。新聞くらいならいいほうで、なんというかこまごました簡単には片づけられないものが占領しているわけです。でもそこしか作業をするとこはありません。
先日、新聞で読んだ記事ではお子さん3人を遊ばせながら食卓でパソコンを使ってイラストのお仕事をされている女性のことが紹介してありました。「そうそう、このスタイルが主婦の副業よ」と感心しました。クラウドソーシングの普及で、家族との時間を大切にしながら仕事も出来るようになってきているんです。その女性は企業のパンフレットののイラストのお仕事をしておられました。専門学校でデザインを勉強して地元の企業に就職し、結婚して退職されたようです。でもこういう才能のある女性はなんとなくそのままではもったいないですよね。だんだん仕事の技術が失われて出来なくなってしまう…と焦ってきたそうです。パソコンでまたイラストのお仕事を再開して、家で育児に追われる日々には無い達成感を感じたそうです。また、このクラウドソーシングのことを教わったのも旦那さんからというのも素敵なことです。こういう周囲からの協力も主婦の副業に欠かせません。
これからは「女性は家庭に入って」と言ったら「はい、そうします」と返事があったと思ったら、環境次第では確かに家庭に入った状態で副業ネットとして企業のお仕事を立派にこなす主婦さんも出てくることでしょう。

会社員の副業の難しさ

会社員で副業を行っている人もいると思います。
職場によっては会社員の副業が禁止されているところもありますので、注意が必要です。

事前に会社に確認をした上で副業を始める方が良いかもしれません。
会社員の副業はあくまでも副業です。
副業がバレてしまって、本業に影響を受けてしまい、それが元で本業ができなくなってしまっては元も子もありません。

企業にもよりますが、大手企業や官庁などでは、正規職員ではなく、パートやアルバイト、期間雇用でも副業を禁止しているところも少なくありません。
しかし、本当は正規雇用を希望している人が、その仕事に就くことができずに、非正規雇用で仕方なく仕事をしている人も多くいます。

当然、正規雇用よりも非正規雇用の方が賃金はかなり安くなってしまいますので、生活費の補てんを副業などでやらざるを得なくなってしまいます。
ですが、起業で副業を禁止されていると、非正規雇用で賃金が少ない上に、副業もできないとなると、生活そのものが危うくなってしまうかもしれません。

悪循環はどんどん連鎖をしていってしまうようです。
このような事態に陥っている人も少なくないと思います。

企業は個人の生活まで面倒は見てくれません。
特に非正規雇用者に対しては、仕事がなくなったり、企業の実績が悪くなれば、真っ先に解雇になる対象です。

この悪循環から抜け出すためにも、勤労者は企業に頼る仕事だけではなく、他の仕事のやり方を見つけて行っていく必要があるでしょう。
実際に派遣切りに遭い、住むところも失い、多くの人がホームレス状態になったこともありました。

非正規雇用だからこそ、たくさん働かなければならず、副業もしなければ、生活できない人もたくさんいます。
日本の非正規雇用の現実をさらに重く受け止め、今後の就業体勢の改善に努めていかなければならないと思います。

同時に会社員の副業(詳しくは【ネット副業】寝ながらできるお小遣い稼ぎ 5mbal.comを参照ください)も個人の生活の経済事情を考慮した上で、考えていかないといけない部分も多くあるでしょう。

日経225ミニを知っていますか?

みなさんは日経225ミニって知ってますか?聞いたことない、そうですか。では日経225の説明からします。日経225は日経平均株価のことで東京証券取引所市場第一部に上場されてる代表的な銘柄、225の銘柄の株価指数のことです。では日経225ミニとはなんなのか。これは先物取引の一種になります。先物取引とはある商品が未来の決められた次期(SQ算出日)に現時点で決まっている価格で取引することです。将来的に値上がりすると考えてる商品があるとします。それが思惑通りに値上がりしたらその差額分が利益になるわけです。日経225ミニとは日経平均株価指数を取り扱った先物取引となります。つまり現時点で仮に日経平均を10000円で購入するとします。決められた時期(SQ算出日)に購入すると約束します。勿論将来的には必ず値上がりすると考えてのことです。その決められた時期に思惑通り10000円から12000円に値上がりしたろとします。予め買う事を予約していた為12000円-10000円で2000円の利益なります。仮に価値が下がっていたらその差額分損するということである。今回の例で言えば8000円まで下がったとします。それでも決められた時期(SQ算出日)に買わなくてはいけないので8000円-10000円で2000円の損失となります。日経225ミニの場合最低取引単位が1枚で日経平均株価指数の100倍なんです。しかしここがみそになるのですが日経平均が仮に10000円だとすれば10000円×100で100万円が必要なのかと思われるかも知れません。実際はそうではないんです。証拠金として少額のお金、日経平均が10000円だとすれば5,6万円で取引が可能になります。5万円で100万円の金額を動かす。少ない資金で大きい金額を動かせるのが大きな魅力ですね。この場合元金の5万円に対して20倍のレバレッジをかけた事になります。ちなみに日経225ミニと日経225先物取引の違いは最低取引単位の倍率で日経225ミニが100倍に対し日経255先物取引は何と1000倍です。バイナリーオプションブログにも書いてないような事ですが、ちょっと額が大きすぎて目がくらくらしそうですよね(笑)取扱いには相当度胸が必要ですね。やるにしても最初は日経225ミニからですよね。

ブログの活用と問題点

インターネットの普及、そしてスマートフォンの普及により、いまやブログという言葉をよく耳にするようになりました。芸能人のブログはもちろんですが、いまや誰でもブログを作ることができる時代です。ブログに料理を乗せたり、趣味を紹介したり、日常生活の様子を乗せたり、という日記感覚で利用している人が多く、またそのブログを閲覧している人も多くいます。ネットを経由しているものなら、ブログの閲覧も誰でもできるのです。
ブログは紙に書かない日記のようなものですが、何気なく書いたものがネットを媒介として全世界に発信されていきます。そのため、自分では軽い気持ちで書いたことが社会的に大きな問題となることも珍しくありません。またブログは紙の日記のように簡単に消すことができません。一度ネットを介して発信すれば、ブログ内の文章を消したとしてもどこかしらで残っており、完全にその内容を消去するのは難しいとされています。
またブログは誰でも閲覧でき、閲覧した人が書いた人にコメントする機能もあります。コメント欄にはそのブログの感想や自分の意見等もありますが、中にはひどい中傷をかく人もいます。
人間というのは不思議なもので、面と向かっては堂々と言えないことも、ネットで顔が見えない相手にはズバズバ物を言ったり中傷したりできます。それがこのネットの問題点でもあります。顔が見えないからと言って、中傷された側が傷つかないわけではありません。見えない相手の言葉に傷つきます。
ブログを自分で作るさいには、ブログ内で書く文章に対しては責任持つという事です。何となく気軽に発信することができるブログですが、一度発信してしまうと取り返しはつかなくなります。またブログを閲覧する側としては、見えない相手だからと言ってひどい中傷をしないことです。これは人としての問題にもなります。
ブログを作る側、閲覧する側が相手の立場を理解しつつ思いやりを持てれば、ネット上のトラブルも今より減少するように思います。またそうなってほしいと思います。主婦向け小遣い稼ぎとして流行中のブログもやっぱり使いようですね。

パソコンでゲーム

我が家にパソコンがやって来たのは1987年、今から17年も前のことだが、私の父がパソコンに興味を持ち、なんと70代にして、パソコンを購入した。子供の小学校で保護者にパソコンの操作を教えてくれる企画があり、祖父母でもいいということで、父が参加した。若いお父さん、お母さんに交じっての講習は難しく感じたことだろう。先生の助手としてパソコンの操作に慣れている役員が何名もいたので助かった。父には一人の助手がつきっきりで教えてくれたという。

いくら好奇心旺盛で、文章は結構かけるし、頭の回転も早い父であっても、パソコンは初めての機器で、マウスの操作さえ大変だったそうだ。クリックとダブルクリックが、ある程度の年齢になると指の動きが鈍くなってうまく出来ないようだ。

小学校の講習だけではどうもわかったようなわからないような。そうしたら、同じ講習をもう一度するからまた参加してもいいと学校からお誘いがあった。手のかかる受講生なのに、温かな心遣いがありがたかった。父はこりずに2回目も講習に通ったが、パソコンの操作はどうもいまいちという感じだった。

その次は私が教えるしかない。父は風呂敷にパソコンをくるんで、我が家によくやってきた。私は自分のノートパソコンを開いて、父のパソコンと並べてワードの入力からゆっくり説明していった。そのうちに短い文章なら一人で入力できるようになった。父は日記をパソコンで書くようになった。

父がパソコンを扱うのを見て、母も何かしたいと思ったのだろう。母はなんとパソコンに入っているゲームが大のお気に入りで、トランプのソリティアというのだろうか。そのゲームを毎日やるようになった。まさか70代の母がパソコンのゲームにはまるとは思わなかったが、結構楽しみにしていて、毎日パソコンを起動してトランプをマウスで動かしていた。

父は居間でパソコンを開いて日記を書いたり、大好きな囲碁をパソコン相手に打ったりしていた。母は2階へ片付けた私のお古のデスクトップ型の大きなパソコンの前にすわりトランプのゲームに興じていた。

パソコンは父母にとってはちょっとお金がかかるけど、面白いおもちゃのような存在だった。

インターネットのある生活

1997年にパソコンを買った。すぐにインターネットにつなぎたかったけど、何しろ混んでいてだめだからと順番待ちになり、1998年の春、やっとネットにつながった。あの当時は電話線を利用したもので本当に線が必要だった。インターネットにつながったと同時に世界ともつながり、世界中のニュースが瞬時に分かるようになった。きれいな映像で最新の情報が入りその情報量のすごさに驚いた。

インターネットにつながってメールのやり取りができるようになった。電話番号を教えるような感じでアドレスを教えあい、年賀状には当然のようにというか、半ば自慢げにメールアドレスを入れた。友人にインターネットのおかげで好きな時間に好きな量だけメールを作って送れるというのは本当に便利だった。

でもありがたいばかりではなかった。迷惑メールならまだいいのだが、ウィルスが送られてくることもあり、それなりの対策をしておかないと大変なことになる。ある時知人から、知人のパソコンがウィルスに感染してしまい、何とかというメールがあなたに届いたと思うけど、絶対に添付ファイルを開けないでという連絡があった。結局二次的な被害は何もなかったからよかったけれど、インターネットにつながっているということの恐ろしさを感じた。便利なだけではない。便利さの裏には気を付けないことがたくさんある。インターネットの2面性をよく知ったうえで利用しなければと思った。

その後はウィルスソフトも進化し、ウィルスに対応するために進化しざるを得なかったのだと思うが、どんどん更新されて新しいウィルスにも対応できるようになっているので、その点はありがたいと思う。

インターネットは最初は本当に線でつながっていたのだが、今は無線ということでパソコンに何も線をつながなくてもインターネットを利用できるようになり、便利なことこの上ない。家の中はどこにいても、つまりパソコンを持って移動して、好きなところでインターネットにつながって、仕事をしたり、メールを送ったり、検索をしたりできる。本当に便利な時代になったものだ。

5代目のパソコン

我が家に初めてのパソコンがやってきたのは1997年。長野オリンピックの前の年。当時は30万円もした。結構思い切ってでないと買えないような買い物だった。ウィンドウズ95という名前だったかな。普通の家庭で使いやすい初めての機種だった。

パソコンの設置には電気屋さんから二人が来て何やらつないだり結構手間がかかっていた。プリンタもつないで印刷ができるようになるまでには2時間くらいかかったかな。パソコンを買う準備として私はパソコン教室へ通い一太郎を使ったクラスで勉強した。

初めて触るパソコンはちょっとこわごわ、マウスの使い方さえわからないような超初心者だった。でもパソコンを使いたい一心でテキストとにらめっこし、娘くらいの若いインストラクターに丁寧に教えてもらった。最初が一太郎だったので、パソコンのワープロソフトも一太郎にしてもらった。でも、一太郎よりワードの方が一般的だということを後で知り、結局ワードもインストールして一時期は一太郎とワード二つのワープロソフトを使い分けていた。

メールを使って友人とやり取りするのは何とも言えないスリルと楽し身を味わった。あの当時のメールはエンターキーを押すだけで送信されてしまうことがあったから。

ウィンドウズ95は何しろ大きくて重かった。今のノートパソコンは軽くて機能は何倍もよくてほんの十八年の間によくも進化してくれたものだと思う。

今私が使っているパソコンは5代目で8,1 いわゆる最新型だけど、使い始めはタイル画面にどうもなじめなかった。スマホを使ったことがないからだろうか。それにしても機能が飛躍的に優れている。音もしないし、起動も早いし。これ以上進化したらどうなるのか。人間がついていけなくなってしまうのではないだろうかなんて心配もしている。

パソコンは今では家庭に一台ではなく、一人に一台、いや一人に2台の時代かもしれない。自宅用と会社用あるいは学校用というように。我が家でも4代のパソコンがそれぞれの部屋で活躍している。

現代に生きる幸せをかみしめて

今私たちはすごく幸福な時代をいきております。格差社会とか不況とか言われてますが基本的には飽食国家ですし、このご時世餓死で死ぬことの方が難しいとすら感じます。道端で寝てるホームレスの人もいつも片手にはお握りやパンをもってます。わたしも東京に出てきて何年か経ちますが月に10万ちょっとでも十分生活ができちゃうんです。勿論スマホも持ってます。勿論独身だからそんなことがいえるのかもしれません。そういう面もあるでしょう。でも小さいお子さんがいる夫婦共働きの家庭でもそんなにお金ってかかるのでしょうか?夫婦稼ぎ合せて30万もあれば十分なきもします。人が生きていくのにそんなにお金はかからないのです。インターネット、スマホが普及して無料で楽しめるコンテンツが劇的に増えました。漫画をネットで無料で見る事もできますし、動画なんかもユーチューブにいくらでもあがってます。すごく恵まれた時代ですよね。そしていまはスマホやパソコンで空いた時間を使ってネット副業を始める人も沢山増えてまいりました。それ自体はとても健全な流れだと思いますし素晴らしいことだとおもいます。可能性が増えたという意味では喜ばしいことでしょう。ただ自分が言いたいのは空いた時間で小遣い稼ぎをすることがそこまで有意義なことなのでしょうか?生活費の為にお金を稼ぐといことが第一になってる事に違和感を感じてます。前述の通り既に生活する分には困らない程豊か時代を生きています。しかし時間は有限です。その時間を少しのお小遣い稼ぎに使って良いのでしょうか?ネットビジネスはまだまだ無限の可能性があります。こうしてる間にも新しいアイディアは生まれきえているのです。ビジネスっていうと結局お金稼ぎだとおもわれますがそれは一側面にすぎません。新たな価値観を創造することがビジネスの大事な側面なんです。ポイントサイトで登録しているだけではネットの世界に対して受け身で終わってしまいます。それは非常に勿体ない事ではありませんか?

やはり何にせよスキルは必要!?

昨今注目を集めてるネット副業にも様々な種類があります。ひとつは特別なスキルの必要のない仕事です。ようは誰にでもできる仕事です。以前紹介したCM視聴やアンケートに答えたりメール受信してポイント(お金)が貰える仕事です。これは報酬はささやかなものですが、スマホだけで作業が完結するのでネット時代の昨今非常に重宝されています。とりあえず楽して小遣い稼ぎがしたいという方々にはうってつけだったとおもいます。一方ネット副業にはある程度やる気と熱意と根気がないと続けられない仕事があります。アフィリエイトによる広告収入やドロップシッピングは勿論ユーザーをいかにして引き寄せるかという命題の元、魅力的なサイトを構築しないといけません。サイトを作るにはHTMLやCSSの知識は勿論必須。それだけでも不十分で華やかなサイトにするのにもフォトショップやイラストレーターも使えるにこしたことはありません。無料ドメインを使う手もありますがドメインを提供してくれる会社の一存である日突然自分のサイトが消えてなくなる事もありえます。やはり自分のホームページを自分で作れた方が何かと便利だと思います。またさらにSEOの知識もネットビジネスをするにあたって大事な知識になります。検索エンジンで検索した場合できるだけ上位きてほしいですからね。またアフィリエイトで稼ぐブロガーの仕事も更新が滞れば淘汰される世界です。ブログに魅力を感じなければアフィリエイトの収入も当然厳しいです。簡単だけど報酬が低い仕事、難しいけど当たれば報酬もでかい仕事。どちら選ぶのもあなた次第です。ただ難しい仕事は得られるのは稼ぎだけではありません。身につくスキルがケタ違いです。もし報酬が少なくてもめげずに続ければ貰える報酬以上に得られるもの経験値が違うのです。もし就職活動、転職活動してる人がいれば企業にたいしてそれなりにアピール出来るかとおもいます。サイトの構築経験、デザイン経験のある人を欲しがる企業は沢山いるかと思います。勿論ポイントサイトを利用することを否定するわけではありません。ですがいちど得るものも大きいネットビジネスに挑戦するもいいとでしょう。