アプリを作ってみよう

パソコン、スマートフォンの精度もあがり個人で簡単にネットビジネスが始められるようになりました。昔以上にプログラミングをやる人も増えてきましたしそれに伴いアンドロイドアプリを作っちゃう人も今じゃそう珍しくありません。仲間内で冗談のつもりでつくったアプリやスマホゲームがヒットしちゃったなんてことも良く聞きます。しかしプログラミングの知識が全くない人から見るとちょっと難しそうって思われるかもしれません。しかし実際アプリ制作は誰にでもできます。スマホゲームも単純なゲームは沢山あります。確かに難しいし作れるようになるまでは時間がかかるでしょう。コストもかかります。勉強するのに参考書を買わないといけませんし(この手の参考書は高いです。)一人で制作するのに限界を感じたら教室に通うことも視野に入れないといけなくなるでしょう。当然授業料も安くありません。いい先生に出会えたら嬉しいですけどね。何はともあれ結局は一筋縄ではいかないのは確かでしょう。ただアプリを制作してもし売れなかったとしてもアプリが作れるようになったらこれは立派なスキルです。転職にも有利になる可能性があります。ですのでできないと最初から諦めるのは勿体ないかとおもいますよ。アプリ制作にあたって準備しなくてはいけないものはまずはパソコンです。WINDOWSかMACが必要になります。アンドロイド端末と開発ツール、グーグルアカウントも必要になります。開発ツールは無料のEclipseを利用しましょう。用意するのは以上の4つです。以上のことからも初期費用がいっさいかかりません(パソコンとスマホがない人はすいません・・・。)初期費用がからないっていうのはネット副業を始めるにあたって良く聞くキーワードかと思います。つまり誰にでも意欲さえあればビジネスができる時代です。さらにスマホの進化でフットワークも軽くなりここ数年でネット副業は盛んになりました。近い将来スマホだけでプログラミングをしアプリを作れちゃう時代も来るかもしれません。楽しみですね。